何もない

そこは真っ白な世界だった